www.viviennewestwoodsalesuk.net

破産申告をする人であなたの返済義務に対してほかに保証人が存在する場合は事前に相談しておいたほうがいいでしょう。改めてお勧めしますが、保証人が存在するときは破産の前によく検討するべきです。なぜならば破産手続きを出して受理されると保証人となる人がその負債をいっさいがっさい支払うことになるからです。やはり、破産申告の前段階で保証人である人に今までの内容とか現在の状況について説明して、謝罪をしなければいけないでしょう。そういったことは保証人になってくれた人の立場に立つと当然のことです。破産の手続きをすることにより自動的に何百万円もの負債がふりかかるわけですから。それで、そのあとの保証人になってくれた人の取れる選択ルート次の4つです。一つの方法は、保証人となる人が「みな払う」というものです。保証人自身がいつでも数百万もの負債をポンと弁済できるというようなカネを所有していればこれが可能でしょう。ただその場合はそのまま破産申告せず保証人にお金を貸してもらって、今後はその保証人に月々の返済をしていくという形も取れるかと思います。保証人があなた自身と良いパートナーであるなら少しは返金期間を考慮してもらうこともありえます。保証人がまとめて返すことができない場合でも金融業者も相談すれば分割による支払いに応じるかもしれません。保証人に破産申告をされると、一銭も手に入らないことになるからです。保証人がもし返済額を代わって支払う財力がない場合は、あなた自身とまた同じく何らかの方法での借金を整理することを選ばなければなりません。続いてが「任意整理をする」ことです。これは債権者と相談することによって、5年以内くらいの期間で弁済する形になります。弁護士に依頼するときの費用の相場は債権者1社ごとにだいたい4万円。もし7社からの借金があればおよそ28万円必要です。また相手方との交渉は自分でチャレンジすることも不可能ではないですが経験と知識がない素人の場合向こうが自分たちに有利な内容を勧めてくるので、注意する必要があります。いずれにしても、任意整理を選択する場合も保証人である人に借金を払ってもらうことになるわけですから借りた本人は時間がかかるとしても保証人に返済をしていくべきです。3つめはその保証人も債権者と同じく「破産を申し立てる」という選択です。保証人となっている人も借金した人と同じように自己破産をすれば、保証人となる人の義務もチャラになります。ただその場合は、あなたの保証人がマンション等を登記しているならば個人財産を没収されてしまいますし、税理士等の職についている場合などは影響を受けてしまいます。その場合は、個人再生による手続きを活用できます。最後の4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を使う」方法についてです。戸建て住宅などを残して借金の整理をする場合や自己破産手続きでは資格制限がある職業にたずさわっている場合にふさわしいのが個人再生による整理です。個人再生なら自宅は手元に残りますし破産手続きの場合のような職種制限、資格にかかる制限が何もかかりません。
Copyright © 1999 www.viviennewestwoodsalesuk.net All Rights Reserved.